「今後のお前の教育のためだ」と言う夫